史跡と文化財最新の記事

史跡とは

【楽天トラベル】総合旅行予約サイト

 

史跡とは、歴史上の出来事に関係のあった場所や建物、遺構などを指し、特に現状を保存して、後世の人たちに残す必要があると判断されたものをいいます。

史跡には、文化財保護法に基づき、国が重要であると認めて、文部科学大臣が指定する「国指定史跡」、県が重要と認めて条例で指定する「県指定史跡」、各市町村が重要と認めて条例で指定する「市町村指定」の3種類があり、その中でも特に重要なものを「特別史跡」としています。なお、「国指定史跡」は、現在1,579カ所(2007年8月1日)が指定されており、史跡の現状変更や保存に影響が出る開発などの行為は、文化庁長官の許可が必要です。

ちなみに、文化財保護法とは、国内にあるかけがえのない文化財を保護するために、昭和25年5月30日に制定された法律。「文化財を保存し、且つ、その活用を図り、もって国民の文化的向上に資するとともに、世界文化の進歩に貢献することを目的」としています。

史跡として指定されているところは、観光名所になっていることが多いようです。城、城跡、古戦場、寺院、神社など、在りし日のことを思い、たくさんの人が訪れています。史跡を訪れ、日本を再発見してみるのもいいものですね。

史跡と文化財について

このサイトでは、史跡を文化財についての解説と特別史跡を掲載しています。
カテゴリー
更新履歴
史跡とは(2009年8月19日)
特別史跡について(2009年8月19日)
文化財とは(2009年8月19日)
重要文化財とは(2009年8月19日)