Top > 重要文化財とは

重要文化財とは

 

重要文化財とは、文化財保護法(1950年に制定)による有形文化財のうち、特に重要として文部科学大臣が指定したもので、重文などとも呼ばれています。重要文化財のうちさらに文化史的価値の高いものは国宝に指定されています。

重要文化財は建造物と美術工芸品に区分されており、2007年6月現在で、建造物は2,317件4,178棟(国宝213件257棟)、美術工芸品は 10,283件(国宝861件)あります。重要文化財は、現状を変更したり、保存に影響を及ぼすようなことをしようとする際は文化庁長官の許可を受けなければなりません。

重要文化財の中で国宝とされているものには愛好者が多く、観光地として特に人気スポットになっています。時には、重要文化財巡りなどをして、日本の文化や心に触れてみるのもいいものかもしれませんね。

国宝・重要文化財については↓
http://www.bunka.go.jp/bsys/

 

 電気カイロ  オシアナスラウンジ  楽体(ラクダ)  キン肉まん
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
史跡とは(2009年8月19日)
特別史跡について(2009年8月19日)
文化財とは(2009年8月19日)
重要文化財とは(2009年8月19日)